人生ハイタッチ

人生の楽しさを求め、さまざまな気づきを発信するブログです。

【実証】仕事の仮病で休めるバレない5つの理由!

f:id:mrluckyboy:20180727234036j:plain

 

誰だって仕事が嫌で、休みたいと思います。
ついつい、仮病を使ってしまうことも。。

 

でも、仮病の理由が下手で、上司にバレる人を私は山ほど見てきました。


そんな人は会社の評価を落とし、先輩、同僚、後輩からなら信用を失い、居づらくなって職場を離れる結果になります。

 

なぜ、そのような結果になってしまうのか。

 

それは仮病の理由が下手くそで、復帰後の行動もおかしな点があるからです。

 

仮病で休むことを軽く考えてはいけません。


思いつきで仮病を使うのではなく、きちんとバレない仮病の理由を考えることが大切です。

 

では、仕事でバレない仮病の理由や逆にバレる仮病の理由について、ご紹介します。

 

 

仕事の仮病でバレない5つの理由

仕事で仮病を使って、上司や同僚にバレないようにするには、その仮病の理由に突っ込みどころがないことが重要です。

 

簡単に見破られる、突っ込みどころ満載の仮病はすぐにバレます。

 

実は嘘か本当かわからないけど、突っ込めない理由の仮病はあります。


それをうまく駆使することで、あなたは仕事をうまく仮病で休むことができるでしょう。

ただし、実践するからには自己責任になる覚悟をもって、仮病を使ってください。

 

仕事で発熱の仮病はバレない

一番多い仕事の仮病の理由で多いのが発熱です。


仮病として、一番言いやすいからでしょう。

 

発熱は実際に起こりやすい症状なので、上司から疑いの目を向けられにくい傾向にあります。

 

ですが、仮病で発熱を使うときは、気をつけなければならないことが2点あります。

 

  • 発熱の体温は38度以上で伝える
  • 月曜日以外の日を発熱にする

 

これらを無視して、発熱を理由に仕事で仮病を伝えると、上司や同僚に仮病であることがバレます。

 

1つ目の38度以上の発熱を伝える理由は、37度だと微熱であり、出勤できると思われるからです。
37度の発熱で休むとなると、「だらしない」と思われて、自分の評価を下げることになります。

 

仕事で仮病を使っても、自分の評価を下げ、最悪解雇や異動となってしまうと、本末転倒です。


仮病を使っても、今の自分の地位や評価は下げないのが、仮病を使う上で大切です。

 

2つ目の月曜日以外に発熱を仮病に使うことですが、月曜日に使うと「休みに遊びすぎ」とだらしない印象を上司や同僚に与えます。

 

マイナスの印象を与えると、仕事の仮病に対して相手に疑念をもたれるため、非常に危険です。


月曜日は休日の翌日であることで、仮病を使う可能性が高いことは、上司や同僚、先輩も真っ先に考えます。

 

だから、仕事で仮病を使うときは月曜日以外に使いましょう。

 

仕事で生理痛など女性特有の仮病はバレない

女性限定ですが、一番バレない仕事の仮病は生理痛など女性特有の症状です。

 

男性の上司であれば、まず仮病とは疑わず、信じて休ませてくれるでしょう。

 

デリケートな症状であるため、男性は女性特有の症状には中々突っ込むことはできず、まずバレないでしょう。

 

しかし、生理痛だからといって必ずしも仮病で休めるわけではありません。

生理痛は周期的な症状であるから、頻繁に使うことはできません。

半月に一度の仕事の仮病で使うと、まずバレるでしょう。

 

生理痛の周期を考慮した上で、仕事の仮病として使うことをオススメします。

 

この仮病にかんしては、私は実践したことがないので、確証はもてません。

ですが、上司と女性スタッフのやりとりで、上司が疑いもせず、早退や休暇を与えることを見ると、高確率で成功できることが予想できます。

 

仕事で急性胃腸炎の仮病はバレない

意外と使える仕事の仮病が、急性胃腸炎です。
急性胃腸炎はストレスや食べ物が原因で発症する症状であるため、誰もが引き起こす可能性があります。

それ故に、仕事の仮病で使っても、仮病とはバレず、案外すんなりと受け入れてくれます。

 

ただし、仕事の仮病で急性胃腸炎を使う際、気をつけなければならない点があります。

 

重要な会議の前日に、仕事の仮病で急性胃腸炎を理由に休んでしまうと、あなたの評価が下がりやすかなります。

ここ一番で体調を壊すと印象を与えてしまい、急性胃腸炎だとストレスが原因だと断定されやすく、周りにだらしいないやつだと思われてしまいます。

 

急性胃腸炎を仕事の仮病で使うときは、タイミングと頻度を考えで、慎重に使いましょう。

 

仕事で風邪の仮病はバレない

仕事の仮病で、風邪を使うと、バレることなく大抵休むことができます。


これまで挙げた仕事の仮病とは違って、風邪は他のスタッフにも感染させる可能性があるため、上司も部下を出社させるわけにはいきません。

出社させ、万が一社内で風邪が蔓延したときは、その上司の責任にもなるからです。

 

仕事の仮病で風邪は高確率でバレませんが、休む期間が長くなるため、仕事に支障を与える可能性があります。

 

仕事の支障が自分だけにあるものであれば良いですが、チーム全体に迷惑をかける場合は、復帰したときの印象は最悪です。

 

「風邪だから休むのは仕方ない」と思う人もいるでしょうが、全員がそんなできた人間ではありません。


あなたが休んだせいで、仕事が増えたスタッフがいて、大切な用事を断って、その仕事を遂行したかもしれません。

 

1日で済めばよかったチームに影響がなかった休みも、2?3日も仮病で休むと影響範囲が広がる可能性が高くなります。

 

今後のチーム活動を円滑に進める意味でも、風邪を理由に仮病で休むことはなるべく避けて、1日で復帰できる理由を仕事の仮病として使いましょう。

 

仕事の仮病で家族や親戚の不幸はバレない

縁起でもない話ですが、仕事の仮病で、身内の不幸はまずバレません。


上司もさすがに身内の不幸に対して、突っ込むことは失礼に値し、周りからの信頼も失うため、仮病を疑おうとはしません。

 

ただし、職場でよく身内の話をしている人が、仮病で身内の不幸を使うのは注意が必要です。


不幸を伝えた後も、その人物が話のネタに登場すると辻褄が合わなくなり、身内の不幸で休んだのが実は仮病だったことがバレます。

身内の不幸を使って、仮病がバレた時、あなたの信用は一気に落ちます。


取り返すには相当な年月を要するため、仮病で身内の不幸を使うなら、絶対に話のネタに使わないことと、自分の中で情報の整理は必ず行いましょう。

 

人は雑談で油断している時に、自然と迂闊なことを喋りがちになります。

 

身内の不幸は仕事の仮病で休める確率が100%といっても過言ではありませんが、家族の設定など必ず情報の整理は行った上で、仕事の仮病として使いましょう。

 

仕事の仮病でバレる4つの理由

仕事の仮病も使い方や言い方を誤ると、すぐに上司や先輩にバレてしまいます。

 

常識的に考えてありえないことや矛盾が生じてる場合は、基本的にバレます。

 

仕事の仮病がバレると、あなたの評価は急降下。

 

仕事で仮病を使うなら、安易に考えた理由ではなく、事前に準備したバレない仮病が必要です。

 

先程はバレない仮病をつたえましたが、同じぐらい大切なのが、バレてしまう仮病です。

 

バレる仮病を把握しておくことで、仕事の仮病がバレることを防ぐことができます。

 

私が実際に職場で他のスタッフが実践して失敗した内容をもとにご紹介します。

 

仕事の仮病で1週間と期間が長い

仕事の仮病で休める期間は大体1日です。

 

それを仕事の仮病で1週間も休むとなれば、高確率でバレます。

 

1週間となると仮病の理由も絞られ、医師の診断書が必要になるケースが出てくるからです。

 

当然ながら仮病なので、診断書を提出できるはずがありません。

なので、1週間も休むような仮病を使うのは避けましょう。
高確率で上司にバレます。

 

2日以上休むとなると、一気にバレるリスクは高まりますので、数日間の休みを使うときは、リスクを承知の上で、使う覚悟を持ちましょう。

 

仕事の仮病の演技が下手くそ

仕事の仮病で意外とバレやすいのが、声のトーンです。

 

仕事の仮病で発熱や風邪と理由を伝えても、声のトーンがいつもと変わらず、元気なのは論外です。

 

上司には仮病であることがすぐバレます。

 

仮病の理由が完璧でも、意外とバレるパターンで多いのが、声のトーンです。

伝えることに必死になりすぎて、ついいつもの元気なトーンで話してしまう人がいます。

きっと嘘をつくのが苦手なんでしょう。

 

たまにいませんか?
怒られた後に、やたら元気なトーンで話す人。

本人は反省していても、怒った側は「こいつ全く反省してないな」と思われがちです。

仮病も同じ。
本来しんどいはずの声のトーンでなければ、相手にはそれが伝わりづらいです。

 

電話で上司に仮病を伝えるときは、話す内容だけじゃなく声のトーンにも注意しましょう。

 

仕事の仮病の内容があやふや

仕事の仮病でバレやすいのが、症状の内容があやふやになることです。

 

何の症状かをはっきり言わず、単にしんどいだけの仕事の仮病では、話になりません。

 

また、風邪と言いながらも、途中で症状が単なる発熱になっていたり、辻褄が合わなくなるのも致命的です。

 

仕事の仮病でバレたくないなら、用意周到な仮病の理由や具体的な症状については準備しておきましょう。

 

多少のツッコミが入って、内容にブレが生じるぐらいなら、仮病を使うとすぐにブレます。

 

仕事の仮病で医師の診断書がいる仮病を使う

長期間の休みや確実に休みが欲しい理由で、仕事の仮病に医師の診断書が必要な症状を使ってしまう人がいます。

これ、確実に失敗します。

 

医師の診断書が必要な場合、会社に提出する義務が発生するため、診断書が手元になければなりません。

インフルエンザ、ノロウイルスなど仮病の理由として、すぐに思い浮かびそうな症状ですが、仮病の理由として使うのは避けましょう。

 

仮病とバレるリスクが高い理由は、使わないに越したことはありません。

上述した通り、もっとハードルが低く、休みやすい仮病の理由があるので、それらを実践するのがいいでしょう。

 

仕事の仮病で休む3つのリスク

仕事の仮病を使うことは、様々なリスクを背負うことにもなります。

 

仮病と言葉で入ってますが、要は相手に対して嘘をついてだます行為なので、良くないことであることは間違いありません。

 

そんな仮病を使う上で、どういった危険やリスクを背負うことになるのか、ご紹介します。

 

仕事の仮病がバレたら信用を失う

仕事の仮病でバレた時、一番リスクとして考えられるのが、周りの信用を失うことです。

 

仮病はバレると終わりです。

 

次回から休日申請をする度に疑いの目を向けられ、上司から中々休みを取得できません。

 

自分にも後ろめたい事実が残るため、強く言えなくなります。

上司からの評価が下がると、企業によっては給与や地位にも影響を及ぼします。

 

一度仮病で落ちた信用や地位は、そう簡単に修復しません。

 

仕事の仮病がバレた時、周りからの信用を失い、地位も降格させられる可能性があることを十分に納得した上で、仮病を使いましょう。

 

仕事の仮病はサボりぐせがつく

仮病の恐ろしいところは、一度仕事で仮病を使って休むとサボりぐせがつきます。

 

これは休む時だけではありません。
仕事中でも、作業が面倒だと感じ、サボる行動や思考に陥りがちになります。

 

仕事をサボることに対して、どう考えるかは自分次第です。

 

精神的に不安定な状態であれば、仕事中でもサボることは息抜きにちょうどいいかもしれません。

 

私個人の意見としては、自分に必要な時に仮病を使うこと悪いことではないと考えます。

 

仕事中にも束の間の休息でサボるのも良いと思ってます。

さすがに3日間や1週間で休みを取るのは、自分を苦しめるだけなので、私自身はやりたくないですが、それも個人の考えです。

 

サボることを良しとするか、悪しとするかは全部自分次第です。

 

仕事の仮病は罪悪感を残す

どうしても仕事を仮病で休みたい時、ありますよね。

 

致し方ない仮病もあると思います。
そう割り切って使う仕事の仮病でも、使ってみた後、罪悪感が残ります。

 

仕事に対して真面目であればあるほど、罪悪感が強くなる傾向にあります。

罪悪感は精神的なストレスを与えるため、真面目な方が仮病を使うのはあまりよくありません。


有給が余っているなら、それを消化するのがベストでしょう。

 

仕事で仮病を使うにも勇気がいります。

自分は罪悪感が残ると思う人は、仮病はやめて正当な有給で休む選択肢を選びましょう。

 

仮病を使う人はタフな人でなければなりません。

 

仮病を使う程度の仕事なら転職も考える

私は仕事で仮病を使うほど、嫌な仕事は辞めればいいと思います。

 

時間は有限です。

 

嫌な仕事をダラダラと続けても、全然楽しくないですし、時間の無駄になります。

 

時間は皆平等であり、同じ時間を過ごすなら、自分にとって有益な時間を過ごしたい。

有益な時間とは、もっと自分に合った職場環境で働くことです。

 

上述した通り、仕事で仮病を使うのにはリスクがあります。


仮病が上司にバレた時、自分への評価や信用は地に落ちます。

サラリーマンやOLであれば、そんなリスクはなるべく避けたい考えます。

 

ならば、その仕事は今自分にとって必要なのかを改めて考えても良いかもしれません。

今の仕事は必要ないと判断したなら、仕事を辞めて、自分にあった職場環境を求めるのが良いでしょう。

 

「そんな仕事はない」と決めつける方もいますが、そんなことはありません。

私は転職して自分に合った理想の職場環境を手に入れました。


職場環境を変えることで、自分の人生は大きく変わります。

仕事で悩んでいれば、一度転職のエージェントに相談してみるのもオススメです。

私自身2回目の転職でしたが、どちらもリクナビエージェントを利用しました。
1回目の転職時に非常に満足したので、2回目も同じリクナビエージェントにしました。
リクナビエージェントは求人募集の数が他の転職サイトに比べて圧倒的に多いので、自分に合った職場環境に出会える確率が高いです。

私の実体験を記事で紹介していますので、ご参考までに。

 

www.webcon-investment.com

 
仮病を使わない自分に合った職場環境で働くのが、一番有益な時間だと思います。

是非、皆さんも限りある人生、多くの有益な時間を過ごしましょう!