人生ハイタッチ

人生の楽しさを求め、さまざまな気づきを発信するブログです。

職場いじめがしんどい、そんな悩みをズバッと解決する方法!

f:id:mrluckyboy:20180429142754p:plain

仕事で一番大変なのが、人間関係。
特に職場いじめが深刻な場合、精神的なストレスは相当なもの。

 

「仕事を辞めたい」

 

そう思うのも無理ありません。

 

私も実際に上司とリーダーと全く価値観が合わず、人間関係がギクシャクしたため、退職することにしました。

仕事内容や年収に満足していても、職場いじめにあうと、仕事を辞めたくなります。


仕事をするうえで、人間関係はそれほど重要なのです。

 

ですが、そんな辛い職場いじめの悩みを解消する方法はあります。

今回は職場いじめの悩みを解消する方法について、実体験をもとにご紹介したいと思います。

 

目次

 

職場いじめが解消されない理由

職場いじめは一度起こると、中々すぐには解消されません。

それは、職場いじめをしている側が、嫉妬深く、また軽蔑する考えが定着してしまっているからです。

 

「あいつは〇〇だから嫌」

 

言葉では簡単ですが、その根は深いものがあります。

 

さらに、職場いじめをしている側は意図的に行っているため、後ろめたさもなく、むしろ快感を覚えてしつこくいじめてきます。

 

職場いじめで一番厄介な人が、上司や先輩社員です。

理由は部下の立場ですと、基本的に業務上わからないが多く、質問しても教えてくれない状況が起こるからです。

「自分で調べなさい」、とつけ話した言葉で言ったり、あきらかに顔をみて質問しているのに、聞こえないふりをしたりと酷い仕打ちをされます。

 

職場いじめする側も、大体はいじめられる人が反撃してこないことを見越してやってきます。
反撃してきたとしても、自分の方が多くの味方がいると思っていれば、職場いじめを繰り返します。

 

こんな職場いじめにあうと、精神的に辛いですよね。。

では、どのように対処すれば、そんな辛い職場いじめを解消できるのか。

 

職場いじめを解消する一歩は相談

職場いじめの悩みを解消する、まず第一歩は相談です。

 

相談する相手は家族や親戚、同僚、同級生など誰でも構いません。
望ましいのは職場の先輩や同僚です。

理由は仕事内容や人間関係の複雑さも一番理解できるのは、職場の人間だからです。

 

相談するだけで気持ちが楽になったり、周りの人が協力してくれる状況が生まれるため、まず職場いじめの悩みの解消には相談が効果的です。

 

職場の同僚と相談

もし、職場の同僚に気遣いなく相談できる相手がいれば、まずその同僚に相談しましょう。

愚痴の言い合いになるかもしれませんが、自分の状況を一番理解してくれるのは同じ職場の人間です。
それに、話題が職場いじめとなると気を遣う相手では、中々本音でしゃべれません。

 

そこで、頼りになるのが職場の同僚です。

 

職場の上司や部下ではなく、同僚であれば、気遣いなく話すことができるため、リラックスした状態で話すことができます。

 

職場の同僚には、今の状況や自分の思いをすべてぶちまけましょう。
ここでは、まず溜め込んだものをすべて吐き出すことです。

精神的な負担がスッと軽くなるため、誰かに相談するだけでも効果は抜群です。

 

私も実際に試しましたが、かなり精神的に楽になり、家に帰ってイライラすることが減りました。
それでも思い出しただけでイライライはしていましたが・・・

 

誰か1人に相談できると、また何かあったときに次から話す相手がいるので、今後仕事をしていく上でも精神的に楽になります。

 

家族と相談

自分以外の人間で、自分のことを客観的に一番理解しているのは家族です。


気を遣うことも一切ないので、話したいことを話すだけ話せる関係だと思います。

家族に相談する意味では、職場の同僚では感じられない、安らぎのような安心感を得ることができます。
家族の場合、本当に親身になって話を聞いてくれるので、話す側も自然と本音で話せます。

 

また、両親も社会人経験がある人がほとんだと思いますので、そのような状況での対処法を教えてくれるかもしれません。

 

ただ、ここで気をつけたいのが、両親はあなたの職場を言葉でしか知らないため、見当違いの意見を押し付けられたりといったすれ違いが起こる可能性があります。

人によってはお節介に聞こえる内容も出てくるでしょう。

最悪の場合、「相談しなきゃよかった」と後悔することもあります。

 

普段から、自分に対して説教をしてくるような両親であれば、もしかすると相談すべき内容ではないかもしれません。


逆に精神的なストレスが高まってしまっては、本末転倒ですので、そこは普段からのコミュニケーションによって判断しましょう。

 

職場の上司に相談

最終手段にはなりますが、一番効果的な方法は上司への相談です。

 

この方法は職場いじめの元凶である人に、どう思われようとかまわない覚悟が必要です。
でないと、あとから「チクったな」と職場いじめエスカレートする可能性があるため、覚悟をもって申告する必要があります。

 

有能な上司であれば、職場いじめした人の異動や解雇など何らかの処置をしてくれます。


ただ、誰か聞いたといわなくても、職場いじめした人は、きっとあんたをチクった人だと思い込みます。

 

ですが、このまま職場いじめを放置していも、自分の精神が崩壊してしまうので、背に腹は代えられません。


自分のポジションを守るためにも、勇気をもって上司に申告しましょう。

 

それでも無理なら、退職してしまおう

相談して、何も状況が変かしないようであれば、退職することをオススメします。

 

退職することは悪いことではありません。
退職することで今の職場環境から抜け出すことができることはもちろんですが、今よりも就業条件が良い条件で働くこともできます。

 

退職を伝えるには勇気が必要ですが、その一歩が人生を大きく前進させることになります。


職場環境を変え、仕事を楽しくするためにも、勇気をもって退職を申告してみましょう。

 

退職を伝える方法として、以下の記事もご参考にしてみてください。

 

www.webcon-investment.com

 

職場いじめが深刻になる前に、対処が必要です

私も前職では、上司に申告しましたが、状況が一向に好転せず、むしろ悪化する一方でしたので、退職することにしました。


職場いじめが深刻化して、精神的なストレスが大きくなってしまうと、鬱病にもなりかねません。

 

鬱病になると現職への復帰に限らず、仕事をすること自体にハードルを感じてしまうことになり、社会復帰が難しくなります。

 

そうなる前に行動あるのみです。

 

職場いじめがつらい、しんどいと感じたら、まずは相談です。
相談で状況が変わらないのであれば、退職も検討しましょう。