人生ハイタッチ

人生の楽しさを求め、さまざまな気づきを発信するブログです。

【必見】転職を上司に相談する、タイミングと方法はコレ!

f:id:mrluckyboy:20170704232859j:plain

目次

 

どうも、WEBディレクターを約3年半務めて、大手メーカー企業のWEB企業に転職した、ブロガ―のじょろです。

 

転職前はいわゆるブラック企業で、WEBディレクターという仕事は激務でした
それなりにやりがいをもって、仕事をしていましたが、ステップアップをしたかったのと、体力的にも疲れる仕事だったので、転職を決意。


転職した今は、毎日楽しく仕事をしていて、やりたいこともでできて、定時で退社できる素晴らしい生活を過ごしています

 

これも、転職が成功したことに他ならないです。
転職は人生を大きく変えると、実感した体験でもあります。

 

私が転職を成功させ、自分の理想とする職場環境を手に入れたお話はこちら↓

www.webcon-investment.com

 

でも、全てがすんなりいったわけではありません。

そこには、上司との面談があったり、現職を続けながらの転職活動での葛藤など様々なことがありました。

 

その中でも、転職時に一番苦労したともいえるのが、上司への転職相談です

 

今回は私の実体験をもとに、上司に転職を相談する一番無難なタイミングと相談方法をご紹介します。

 

転職を上司に相談する前にやるべきこと

そもそもにはなりますが、上司と相談する前に、これだけは自分の中で決めておく必要なことがあります。
これらは必ず自分の中で決めておきましょう。

 

退職理由は明確にしておく

上司に転職を相談するからには、退職する理由が必ず必要です。
退職理由がなければ、そもそもこの相談はありえないので、自分の中で退職理由を明確にしておく必要があります

 

上司は貴重な人材を失うわけですから、必ず引き止めにきます。
それに対する明確な答えがなければ、たちまち上司のペースになってしまい、引き止め成功といったゴールになるでしょう。
そうらならないために、しっかりとした退職理由を考えます。

 

絶対に辞めたい!と思われている方は、鉄板の退職理由をつかうのがオススメです


以下の記事では、上司が退職を引き止めにくい退職理由をご紹介しています↓

www.webcon-investment.com

 
上司を説得する以外にも、退職理由を考えることは自分にとっても有益な時間です。

・「自分は一体何に不満をもっているの。今の環境で改善できないのか。」
・「本当に辞めるべきなのか。」
・「自分がやりたいことは一体何なのか。」

など自分を振り返る良い機会になります

 

私も転職を考えた時は、凄く悩みました。
やりたいことが今の会社でできないことは明白だったのですが、本当にこれで良かったのかや転職先が見つかるのかといった不安はありました。
人っていざその時がくると、結構優柔不断になりがちです。

その時に、明確な退職理由や退職後の自分の人生を描けていると、きっと上司への転職相談はうまくいくでしょう。

 

退職する日を決めておく

上司に転職相談して、仮にうまく話が進んだ時、必ず聞かれるのが「いつ辞めるの?」。
これに対する答えがないと、ズルズルと現職を続けることになります。

 

転職先が既に決まっていれば、退職時期も明確なので問題ありませんが、これから転職活動を進めるのであれば、退職する時期は必ず決めましょう。
現職をズルズル続けてしまうと、転職する時間の確保が難しくなったり、どんどん転職が面倒だと考え始めます

 

私の友人では実際にこのケースがありました。
転職の相談まではスムーズにいき、上司からの了承も得ましたが、退職時期が明確でなく、結果、半年ぐらいは働いていました。

特に転職先が決まらないのではなく、仕事が繁忙時期に入って、中々転職活動に時間が割けず、そのタイミングを失ってしまったのです。

 

転職するタイミングを逃すと、その期間分だけ転職先の求人募集も他の人にとられます
もしかすると、自分の理想的な職場環境があったかもしれません。
退職のタイミングを逃すと、転職で成功させる機会も自ら逃してしまうので、そうならないためにも、退職時期は明確にしておきましょう。

 

転職先を決めておく

先程の退職時期を明確にする意味でも、転職先を先に決めておくのがオススメです。

 

転職先を先に決めておくメリットは他にもあります。

・無収入となる時期なく、収入が安定してもらえる
・家族を安心させてあげられる
・転職時期が明確になる
・上司に相談するしかないと追い込める
・不安な気持ちを払拭できる

転職先を決めておくことで、これだけのメリットがあります。


逆に、転職先を決めておかないと上記のメリットが全て不安要素になりますので、精神的に結構辛いです。
上司への報告も「怖いからやめておこう」とか気持ちが後ろ向きになり、転職時期がズルズルと後ろに倒れていきます。

 

今の状況が辛いから転職を決意したと思います。
その辛い状況から脱却するためにも、転職活動に妥協せず行動しましょう。

 

ただ、現職を続けながらの転職は正直大変です
私も現職を続けながら転職をしましたが、時間の確保が大変でした

 

基本的には仕事を終えた後に、転職活動をすることになるので、疲れたからにムチを打つ感じで、ヘトヘトでした。
自分一人で転職活動をしていると、「今日は疲れたからやめておこう」と自分への甘えが必ずでます。
私はめっちゃ出ました(笑)

 

だから、この状況はまずいと思って転職サイトを活用するようになりました
特に転職サイトの中でも、エージェントサービスがあるサイトを利用して、転職全般をサポートしてもらいました。
人って他の人に管理されていると、動かないと後ろめたさがあって、行動する傾向にあります。


私は実際にエージェントサービスを利用するようになって、3倍速ぐらいで転職活動がスムーズに進みました

現職を続けながら、転職活動を考えている方にオススメです。

 

私が転職を成功させた際、実際に利用したオススメの転職サイトはこちら↓

www.webcon-investment.com

 

転職を上司に相談するタイミングは退職2ヶ月前

前置きが長くなり、本題が遅くなってすいません・・・笑

 

一般的には上司に転職を相談するタイミングは、退職2か月前と言われています。
私も上司への相談は退職2か月前でした。

 

理由は
・1ヶ月ぐらいは引き継ぎ期間が必要
・上司が会社との段取りで1ヶ月は期間が必要

これらの理由から上司に転職を相談する、退職を伝えるタイミングは2か月前が望ましいです。

 

転職先の企業も2か月ぐらいは待ってくれます。
今の職場の私の上司は、転職採用されてから実際に転職してくるのに、こちらは半年も待ちました。
結構、企業側は融通がきいて、待ってくれるので安心できます。

 

上司に相談するタイミングが1ヶ月前だと、ほとんどの確率で「そんな急には無理だ」とはねつけられてしまいます。
自分が上司の立場になるとわかると思いますが、会社からの評価が下がる、抜ける穴を誰で補完するのかなど色々と考える時間が必要です。

 

無理やり押し通すことも、もちろんできますが、上司は別としてもまわりのスタッフとギクシャクして辞めるのは嫌ですよね?
私は嫌でした。。

同僚や先輩社員などスタッフとの人間関係は良好で、別にそこに不満があったわけではなかったので、なるべく穏便に済ませたいと思っていました。


そいういう意味でも、上司への相談はなるべく余裕をもって、退職2か月前までには伝えましょう。

 

転職を上司に上手く相談する方法

私が実際に上司に相談した方法は以下になります。

・上司にメールで「相談したいことがあります。面談のお時間をください。」と伝える

・上司から「了解した」とメールが返ってくる

・日時を指定して、面談する

 

私はハートが弱く、とても上司を目の前にして、直接伝える自信がありませんでした。
色々と妄想して、シミュレーションしましたが、上手くいくイメージがもてませんでした・・・

その結果、直接伝えるのは面談だけにして、転職の相談を切り出すのはメールにしようと思いました。
もちろん、ラインやチャットもあると思いますが、あえて畏まったメールでその旨を伝えることで、相手に深刻さが伝わります

それだけで大体上司は察しがつくと思います。


私の上司は面談で、転職相談すると「やっぱりな。メールで送ってくる時点で大体想像できた。」って言ってきました(笑)

 

メールだと直接本人に言わずして、しかも事が深刻であることが伝わるので、オススメです

 

この壁さえこれば、あとは自分の思いの丈を伝えるだけです。
自分が今思っていること、この先考えていることを上司に相談して、自分の人生を豊かにしましょう。

 

私は人生のほとんどが仕事に時間を費やすのであれば、仕事が楽しくなると人生も楽しくなると考えます
実際に私は転職を成功させ、仕事が毎日楽しくなって、人生も楽しくなっています。

 

是非、転職を成功させ、自分の人生を豊かにしましょう!

 

私が転職を成功させ、理想的な職場環境を手にれ、人生が豊かになったお話はこちら↓

www.webcon-investment.com