人生ハイタッチ

人生の楽しさを求め、さまざまな気づきを発信するブログです。

【驚愕】ビフィズス菌で下痢型の過敏性腸症候群がたった2週間で治った!

f:id:mrluckyboy:20171125095252j:plain

目次

 

サラリーマン兼ブロガーのじょろです。

 

サラリーマンをしているので、当然ながら電車で会社に通勤しています。
でも、その電車通勤が辛くて、辛くて。。

私は下痢型の過敏性腸症候群で、毎日通勤電車で下痢に襲われ、お腹が痛くなり、途中下車していました。。
満員電車に乗っては降りて、また乗っては降りてで、精神的にも非常に辛い日々でした。

 

これはダメだと思って、ある日を境に本気で下痢型の過敏性腸症候群の対策をしたところ、たった2週間で治りました!


今では毎日通勤電車に乗っても、途中下車することなく会社に辿り着くことができています。

 

私がたった2週間で快調になったお話はこちら↓


私がスッキリして快調になった大きな理由は「腸内環境の改善」です。

今回は私が意識した下痢型の過敏性腸症候群の対策について少しお話します。

 

下痢型の過敏性腸症候群が辛くて仕事にも支障をきたす

f:id:mrluckyboy:20171123120009j:plain

ただの下痢であれば、一過性のものでその場を凌げば、翌日には快調になっていると思います。

ですが、下痢型の過敏性腸症候群は一過性のものではなく、繰り返し下痢が起きます


私の場合、ほぼ仕事の日は毎日のように下痢に襲われていました。
大体5日ある仕事のうち、3日ぐらいは必ず下痢になっていました。

 

サラリーマンが下痢型の過敏性腸症候群になると一体どうなるか。

以下のような状況で下痢に襲われて、仕事に支障がでます。

・商談中に急に下痢がくる
・重要な会議中にも容赦なく下痢がくる
・人に怒られているのに、下痢が辛くなる
・クライアントの電話中に、下痢がくる
・お昼御飯中に下痢がくる
・クライアント先への移動中に下痢がくる

などなど、下痢は仕事に大きな影響を与えます。

 

しかも、過敏性腸症候群はストレスが原因となって症状が悪化します
つまり、我慢をしてストレスがたまってしまうと、余計に症状が悪化してしまい、我慢ができなくなります。

 

「やっと下痢がおさまった・・・」と思って、仕事終わりの電車に揺られていると、「また下痢・・・」と途中下車する始末。。
仕事で疲れて帰るときも、一切油断できません。
私は常に緊張感をもって電車に乗っていました。
電車で寝ている人を見ると、「なんて羨ましい・・・」と妬んでしまうぐらい、毎日が辛かったです。

 

仕事中に何度も私がトイレに席をたつもんだから、周りの社員からは「さぼってるのか?」と思われたりもして、非常に周りの視線も気になり精神的にもしんどかったです。。

 

医師の診断で下痢型の過敏性腸症候群だと判明

f:id:mrluckyboy:20171119105607j:plain


私はもともと下痢体質ではありませんでした。
今まで便秘に悩まされたこともなく、そういったことには無縁な人生を送っていたのです。

でも、新卒で働き始めた頃から、急に下痢体質となりました。

最初は「下痢なんてすぐ治るだろう」と思っていたのですが、一向になおらず、どんどん症状が悪化しているようにも感じました。
来る日も来る日も、下痢に襲われて、苦痛でたまりませんでした。

「このままでは、まずい」と思い始めて、一刻も早く治したい思いが強くなり、ついに病院で診断を受けることにしました。

 

医師による診断の結果は、、、「下痢型の過敏性腸症候群」。

 

ストレスを与えると症状が悪化して、下痢が繰り返されるといった特徴をもつ下痢であることが判明しました

 

ストレス社会に生きるサラリーマンにとっては、まさに致命的な下痢であることにショックでした。
その結果を聞いて、サラリーマンである限り、治らない気がして、絶望的な気持ちになったのを今でも覚えています。

 

しかし、下痢型の過敏性腸症候群にも解消法はきちんとあると、医師に言われて本当に安心しました
私にとってこれが救いの一言でした。

 

医師に言われた下痢型の過敏性腸症候群の対策は以下の2点でした。

・腸内環境の改善
・ストレスの発散

特にこのうち、「腸内環境の改善」が大事です。

 

下痢型の過敏性腸症候群は腸内環境の改善で治る

f:id:mrluckyboy:20171125100500j:plain

医師によると腸内環境が悪い状態だと、下痢に限りらず便秘も引き起こすようで、ストレスをいくら発散しても、腸内環境が改善しないと全く下痢はおさまらないとのことでした

 

この日を境に、私は「腸内環境を改善する」ことに全力を注ぐことにしました。

 

医師からオススメされたのが、「ビフィズス菌や乳酸菌」。
これらを毎日摂るようにとのことでした。

どうやら、ビフィズス菌や乳酸菌を摂ることで、腸内環境の善玉菌が増え、腸内環境を良好にしてくれるのだそうです。


私の今の腸内環境は悪玉菌と呼ばれる菌が多く、腸内環境が悪い状態とのこと。

「悪玉菌」て名前からして、体には悪そう・・・

 

人にとって有益な働きをしてくれる善玉菌を腸内に増やすことで、腸内環境が改善され、下痢が解消されるといったメカニズムであるようです。

 

さらに、腸内環境を良好にすることで、便秘や下痢はもちろんのこと、さまざまな健康作用も得ることができ、長生きもできるのことです。

これはもうやるしかりません!

 

腸内環境の改善にはビフィズス菌や乳酸菌サプリメントがオススメ

f:id:mrluckyboy:20171119105805j:plain


下痢型の過敏性腸症候群の対策は見えたものの、ビフィズス菌や乳酸菌をどのようにして摂るのが、一番良いかを考えました。

考えた末、一番効率よく腸内環境を改善できるとして、健康食品のサプリメントにしました。

 

医師によると便秘薬や整腸剤には即効性はあるものの、根本的な下痢対策にはならないとのことで、薬の服用による解消法は選択肢としてありませんでした

 

残った選択肢として、食べ物かサプリメントに絞られたのですが、ビフィズス菌や乳酸菌を1回の摂取量で考えると、圧倒的にサプリメントの方が効率的だったので、私はサプリメントを選びました。

 

この選択が功を奏して、私は色々サプリメントを試した結果、一つのサプリメントで下痢型の過敏性腸症候群がたった2週間で治りました

 

こんなにも上手くいくのかと驚いたぐらいで、サプリメントを選んで正解でした。

 

私が下痢型の過敏性腸症候群をたった2週間で治したお話はこちら↓


サプリメントって一見、食べ物に比べて高く見えるのですが、1粒あたりに換算すると何十円ぐらいなんですよね
実は缶コーヒー1杯にも満たないんです。

 

今は缶コーヒーよりも私はサプリメントを摂ることを優先したかったので、躊躇なくサプリメントを購入しました。
たった数千円でこの悪夢のような下痢生活から脱却できるのであれば、本当に安い買い物だと思いました。

 

ビフィズス菌や乳酸菌を毎日摂っているおかげで、下痢が解消されたのはもちろんのこと、体も軽くなって、体調も崩れにくい体になったように思います

 

下痢型の過敏性腸症候群が治ってから、医師に今の状態を見てもらうために相談にいきましたが、「腸内環境が良い状態」と言われて、自分が健康になっていることを改めて実感できたように思います。

 

是非、私と同じ下痢型の過敏性腸症候群に悩まれている方は、ビフィズス菌や乳酸菌のサプリメントを摂ることをオススメします!

 

スッキリとした素晴らしい下痢気なき人生を送りましょう♪

 

私が下痢型の過敏性腸症候群をたった2週間で治したお話はこちら↓