人生ハイタッチ

人生の楽しさを求め、さまざまな気づきを発信するブログです。

【必見!】絶対退職したい、退職のしつこい引き止め対策!

f:id:mrluckyboy:20171113231635j:plain

目次

 

 

WEBディレクターを約3年半務めて、大手メーカー企業に転職した、ブロガーのじょろです。

 

私が転職する時に、一番つらかったのが、上司からの退職のしつこい引き止めです

 

先輩社員からは「まだ若いから、やりたいようにやった方がいい」と背中を押してくれる言葉をかけてもらいましたが、いざ、上司になると全く違いました。

 

「そんな早く退職して、他で通用すると思っているのか」とか、「会社にもっと貢献したとは思わないのか」など執拗な引き止めにあいました。。

 

上司とその日話あった時間は、約4時間にもなります。。
もはや拷問ですよね・・・

 

それを終えた後に、今度は総務部長との面談・・・
こちらも引き止めのお話で、「もうええって!!」と心では吐き出していました。

 

新卒で入社した会社ということもあり、確かに退職するときは「あ~退職するんだな」と感慨深いものは少しありました。

 

でも、転職後、後悔したことなんて一度もありません
転職して良かったことしかありませんでした。

 

WEBディレクターから転職して実感したことは、以下の記事で詳しくご紹介しています↓

絶対退職したいと思ったら、何が何でもしつこい引き止めを乗り越え、退職しなければなりません。
中途半端な気持ちでいくと、必ず引き止められます

 

もし、これからあなたが退職を上司に告げるのであれば、覚悟して臨みましょう。


相手はこれまで退職の面談を何度もしてきた、百戦錬磨となります
彼らはあらゆるパターンを駆使して、あなたを引き止めにかかるでしょう。

その時、絶対に退職したい思いがあれば、きっと乗り越えられはずです。

 

「退職したいけど、何て言って退職しよう」とまだ悩んでいる方も少なからずいるはず。

 

今回は私が実際に使ったものや、同僚が駆使して退職できた理由をご紹介したいと思います。

是非、参考にしてみてください。

 

退職のしつこい引き止めがしづらい退職理由

家庭の事情を理由に退職する

退職を上司に告げるとほとんどの確率で引き止めを受けます。
受けなかったら、スムーズに退職できて問題ないですが、何か寂しいですよね。。
面倒なやつですいません(笑)


でも、ほとんどの企業が人手不足に悩んでいますので、引き止めは受けます。

 

その時に絶対退職できるのが、家庭の事情です。

 

家庭の事情としては、以下が主にあげられます。

・結婚するから退職します
・親の家業を継ぐので退職します
・家族の転勤で引っ越すので退職します
・家族の介護が必要になって退職します

など。

 

上司もこれらの家庭の事情ですと、中々強く引き止めはできないので、案外すんなりと退職願を受けてくれます。

家庭の事情を何とかクリアして、引き止めようとすると、上司の人間性も疑われてしまうため、引き止めにくいわけです。

 

もし、どうしても理由が思いつかない時は、嘘でもいいので、退職理由として使うのはありだと思います。

 

ただ、もし嘘をつくのであれば、あらゆる質問に対して、答えられるようにしておきます。

でないと、ボロなんてすぐ出てしまうので、バレた時は退職しづらくなり、どう展開していけばよいかわからなくなります。


社内で伝える退職理由自体は、その場限りで使うものにはなりますが、嘘をつく時は慎重にいきましょう。

 

鬱病を理由に退職する

ある意味一番効くのが、鬱病です

これは上司も非常に扱いが難しく、中々突っ込めないのが本音です。

 

あまりしつこくいくと更に精神的に負荷を与えますし、働くとなってもどうチーム内で扱うかが難しいからです。

 

あまり仕事を任せてしまうと、また鬱病になって戦前を離脱されても困るので、上司にとっては非常に悩ましい退職理由になります。

 

上司からすると退職を引き止めにくい理由なので、退職は割とスムーズにいく傾向があります。

 

独立を理由に退職する

今までご紹介してきた退職理由の中で一番引き止められやすい理由となります。

 

ですが、独立したい本人の意志が固いと、大体の上司は折れて、引き止めができないと諦めます。

 

私の場合、独立ではなくステップアップしたい想いで退職したのですが、これも自分の意志が固かったので、最終的には上司が折れて、退職することができました。

 

独立やステップアップの退職理由は、引き止めを受けますが、自分の意志が強くあれば、絶対に退職できます。


これは私の経験から実証済みです。

 

転職サイトでは退職手続きの相談を受けられる

どうしてもしつこい引き止めで退職できない、良い退職理由が見つからないといった場合は、転職サイトに相談して見ましょう

 

転職プロの相談員が、退職理由や上司への対応で、アドバイスをしてくれます。

 

特に転職サイトのエージェントサービスがオススメです
エージェンサービスでは、あなた専属のエージェントさんがつき、転職活動全般をサポートしてくれます。

エージェントさんはこれまで多くの退職相談を受けていますので、退職をスムーズに進める方法もあらゆるパターンで教えてもらえます。

 

もし、退職理由や上司の引き止めが辛い時は、一度エージェントさんと個別面談をしてましょう

 

きっとあなたの力になってくれます。

 

退職のしつこい引き止めを受けても、在職の意思を微塵も感じさせないことが大切

ほんの少しでも、、上手く言われて、「どうしよう」と悩むようでは、必ず引き止められます。


相手は数多くの退職を引き止めてきた百戦錬磨であることを忘れないで

 

企業が一番失いたくないのは人材です。
資産はお金ですぐに手に入りますが、人材はすぐには手に入りません。
必ず競合がいて、そこよりも給与が安かったり、待遇が悪かったりするとその会社に人材が集まるからです。

 

なので、退職する意志が弱いと、必ず引き止められて、段々と相手の土俵に上げられ、最後は「在職します」と答えてしまいます。
一度在職の意志を示すと、次に退職を告げるのにはかなりハードルが上がります

 

また、在職の意志があるのであれば、恐らくそこまで退職しなくてもいい状況である可能性があるので、もう一度自分の今後のキャリアアップや人生について考えることが必要かもしれません。

 

「絶対に退職する!」と思っているのであれば、強い意志を持って、上司との面談に臨みましょう。
少しの隙をみせれば、そこに攻めてくるので、付け入る隙を与えないことが大切です。

 

今の自分にとって本当に何が必要かを考え、それが退職であれば、必ずその目標を達成しましょう!

 

転職は人生を大きく好転させる!

退職後は、恐らく転職する方が大半だと思いますが、転職は本当に人生を変えます。

 

私は転職前はWEBディレクターとして働いていましたが、それはもう激務で、いわゆるブラック企業に約3年半務めていました。

サービス残業が多い
・休日出勤が多い

こんなのは当たり前で、さらに営業ではありませんでしたが、売上ノルマはありましたので、毎月売上達成にも追われていました。

 

WEB業界の仕事には興味を持ち始めたので、やりがいは持っていて、しんどいながらも何かを成し遂げたい思いでがむしゃらに働いていました。
それこそプライベートは一切遊ばず、毎日仕事をしていました。

体力的に大変な仕事でしたが、何とか気持ちで乗り切っていた感じです。

 

ですが、キャリアップも考え始めた頃から、その会社でずっと働くことでは実現できないと考えて、転職を決意しました。

 

現職を続けながらの転職活動は大変でしたが、転職サイトをうまく活用することで、今は理想的な職場環境を手に入れることができました。

 

理想的な職場環境とは、私の場合は以下の条件でした。

・自社サイトの運用ができる
・残業が少ない
・土日祝は休み
・ボーナスはきっちりと年2回ある
・大型連休がある

これだけで十分幸せなのですが、もう一つ嬉しいおまけがついてきました。


それは、転職しただけで、年収が50万円アップしました!!(はい、拍手!)

 

転職しただけで、年収が上がるって凄くないですか?
正直、これは期待していなかったので、本当にうれしかったです!

 

転職するだけで、ここまで人生が大きく変わるとは正直思っていなかったので、今は転職して良かったと思います

 

人生の大半が仕事に費やすことになるので、仕事が楽しく過ごせていると人生も充実していると感じられます。

 

是非、あなたも退職後に楽しい仕事で人生を謳歌してみませんか?
きっと、人生が楽しくなるはず!

 

私が転職を成功させ、理想的な職場環境を手に入れて、年収も50万円もアップしたお話はこちら↓