人生ハイタッチ

人生の楽しさを求め、さまざまな気づきを発信するブログです。

【必見!】仕事ができない、あなたが今すぐやるべきこと!

f:id:mrluckyboy:20171105092949j:plain

目次

 

皆さん、仕事をエンジョイしてますか?
ブロガーのじょろです。

 

仕事を続けていると、何度も失敗を繰り返すことがでてきます。
学生時代では経験しなかった、失敗の連続。。


精神的にも辛いですよね?

何でこんなに仕事ができない・・・そんな悩みを持つ人もいるはず。

 

私も入社したての頃は、どうしても上司や先輩社員と自分を比較して、自分の実力に打ちひしがれて、落ち込む日が続きました。

ビジネスマンにとって、仕事ができないことほど、つらいものはありません

 

そんな悩んでいた私も、WEBディレクターという職種から転職して、大手メーカー企業のWEB担当者にキャリアップすることができました

 

仕事ができないから終わりではありません。
誰でも訓練をすれば、仕事ができるビジネスマンになることができます。

 

今回は仕事ができなかった私の実体験をもとに、仕事ができる方法をご紹介します。

 

仕事ができないをできるに変える方法

人の話をまず理解する

「人の話をまず理解する」これは本当に大切なスキルです

ビジネスマンが成功するかしないかは、このスキル次第といっても過言ではないと思います。

 

ビジネスにおいては、常に相手がいます。

相手の話を理解することで、最適解を見つけることができますし、ビジネスを前に進めることができます。

相手の話が理解できないと、ビジネスは誤った方向に進み、期待した結果を得ることはできません。

 

仕事ができない人は、全く人の話を聞いていなかったり、聞いていても理解できないないことが多いです
これは本当に致命的です。

 

まず自分の意見は押し殺し、相手が何を言いたいのかを徹底的に理解する訓練をしましょう。

そうすることで、自分の意見にも相手の意見を考慮したものになり、よりビジネスを発展させることもできます。

 

仕事ができるビジネスマンは、この相手の話を理解するスキルがずば抜けて良いです。

 

要件を伝える前に一度紙で整理する

仕事ができない人は、自分の意見にまとまりがなく、要点がずれた意見になりがちです

 

相手に仕事を依頼する時に、相手を困らせる原因となり、ビジネスは全く前に進みません。

 

私の職場にもいるのですが、決まっている議題と全く関係の話をいきなりはじめて、全員が困る姿を何度もみています。
そんな人は、重要な仕事は回されないですし、誰も関わろうと思われないので、一向にビジネスマンとして成長することができません

 

頭の中で要件を整理したり、相手の意見をまとめたりするのは大変です。


訓練をすれば自然と頭で整理できたりすることもありますが、抜け漏れもでてしまうので、一度紙に書いて整理することをオススメします

 

紙に書き出すことで、頭の中の要件が整理されて、相手に伝える内容にまとまりがあり、相手に伝わりやすい情報となります。

「面倒だなー」と思われるかもしれませんが、これは効果抜群です。

 

私も付箋やノートにメモするのが苦手で、頭の中で要件を整理していましたが、全然ダメで要件にまとまりがないと、上司からも注意されました。

 

上司からの教えで、一度紙に要件を整理した方が良いと勧められ、試したところ、頭のスッキリ具合が違ったのです!


自分の中で、要件が整理されると、言葉にも説得力があり、論理的に話すことができます。

 

特に事業部長など上層部の人と話す時には、効果が発揮されやすいです。
時間が中々とれない人に話すからこそ、より要件をまとめる必要があるので、いい訓練になります。

 

もし、要件が中々まとまらないと悩んでいるなら、紙に書くことをオススメします。

 

報告・連絡・相談を徹底する

仕事の基本中の基本となるのが、報告・連絡・相談です
いわゆるホウレンソウってやつです。

 

仕事ができない人は、これがダダ洩れで、まったくできていないです。

 

私も自分の仕事に自信があるものは、つい報告が抜けていたり、本来相談すべきことを自己判断でしてしまい何度も周りの人に迷惑をかけました。
自分のおごりでもあるのですが、ホウレンソウを怠ると本当にろくなことがありません。


必ず仕事を失敗します

 

上司や先輩社員からも、報告・相談・連絡できないやつは「仕事ができないやつ」と必ずいいます。

 

自分の中で、ホウレンソウをすることを恥ずかしく思ったり、先輩が怖くてできないってことありませんか?
私は先輩社員が怖くて、中々できなかったです・・・

それを怠ったことで、全然仕事が捗らなくて、ミスも連発して散々な結果を何度も経験しました。

 

ある日を境に、変に自分勝手に気を使うことをやめたことで、ホウレンソウを徹底しました。
その結果、仕事が捗るようになって、仕事のミスも大幅になくなりました

 

それからはホウレンソウは必ず上司や先輩社員に行い、仕事を進めることを習慣として、今では逆にホウレンソウされる立場になることができました。

 

ちょっとしたことで、できなかった仕事ができるようになるものです。

 

メールはすぐ返す

仕事の進め方にはなりますが、結構ありがちなのが、メールの返信が遅いことです。

 

「後で返信しよう」と、簡単な回答で済むものも後回しにして、よく返信を忘れるってことありませんか?
私はこれ、結構ありました。

 

そうすると、どんどんメールは溜まっていくし、どれを返して返してしなかったかがわからなくなり、また読み返す手間がかかってしまいます。
思い出すだけでも大変で、またそれに対して返信する時間も必要で、最初に返せばすぐ済むものだったのに・・・


そんなことで、当然ながら自分が返信しないことで、仕事も止まってしまいますし、スケジュールにも遅れが出てしまいがちです。

 

これは仕事を効率よく進める上で、よくありません。
抜け漏れも出て、重要なメールも見逃してしまう癖がついてしまいます。

 

メールは来たタイミングで返信をする癖をつけましょう。
そうするだけで、仕事の捗り方が全然違いますので、一度試してみてください。

 

誰にでも仕事ができる才能はある

これまでご紹介してきたように、仕事ができないことをできるようにする方法は、何も特別なものではなりません。

 

ビジネスマンにとって、当たり前のことを当たり前にするだけで、仕事ができるようになります


それを何か理由つけたり、自分のプライドがあったり、相手の気をつかったりして、できていないだけです。

 

実はすごく簡単なことなんです。

 

ちょっとしたことで、仕事の質は大きく向上したり、全然捗らなかった仕事が捗るようになったりします。
本当、些細なことなんです。

 

一番邪魔なのは、固定概念です

 

より困難な仕事を成功させるためには、相手の意見も柔軟に取り入れる考えが必要です。
自分だけではできないことも多く、また固定概念が邪魔で、相手の意見を中々受け入れられなかったりするものです。

 

仕事を進める上で、一番自分に何が今必要かを考えることで、仕事の成功率は大きく変わります

 

仕事ができないといって落ち込むことはあるでしょう。
でも、それで終わるのではなく、今自分に何が足りないかを考え、当たり前のことを当たり前にするだけで、仕事は面白いほどできるようになります。

 

今回ご紹介した内容を一度職場で試してみてください。

 

全く仕事ができなかった私が、今までの仕事のやり方を反省し、訓練して習得できたことで、今では大手企業のプロジェクトリーダーを任されるようになりました


特別なことでないからこそ、誰でも仕事ができる人になることができます。

 

仕事ができない原因が職場環境なら、転職すべき

本来仕事ができる人でも、仕事ができないことがあります。
今回ご紹介した方法ができているにも関わらず・・・

 

その原因は、職場環境です

 

上司が全くの無能で、仕事の邪魔ばかりする人の場合、自分まで仕事ができないと周りから評価され、しんどくて辛い状態となります。


そのような状況下で仕事をしていると、洗脳されたかのように、どんどん自分が仕事ができない人間だったのかと、ネガティブに物事を考えてしまいがちになります。

 

本来は仕事ができる人でも、職場環境によっては、いとも簡単にそのような精神状態まで追い込まれてしまうのです。

 

そうなった場合は、転職して職場環境を変えることをオススメします

 

今の自体、1社で40年間務めることは少なく、転職も今や当たり前になりつつあります。

転職サイトには非常に多くの求人募集があるため、自分に合う職場環境を探しやすい時代になっています。

 

私自身、3年半務めた職場から転職し、大手メーカー企業へ転職した結果、毎日仕事が楽しく過ごせています

 

私が転職を成功させ、理想的な職場環境を手に入れたお話はこちら↓

転職は職場環境をガラッと変えることができます。
今の職場環境を改善できないと判断したなら、転職するしか改善する方法はありません。

 

いきなり退職するのは大変だと思いますので、まずは転職サイトに登録して求人募集を探すところから始めるのがオススメです。

 

仕事が楽しいと人生も楽しくなるので、是非、自分に合った職場環境を見つけて、目一杯しごとを楽しくしましょう!

 

私が転職する際、利用していた鉄板のオススメ転職サイトはこちら↓