人生ハイタッチ

人生の楽しさを求め、さまざまな気づきを発信するブログです。

社畜のあなたに捧げる、人生を変える方法!

f:id:mrluckyboy:20171009223044j:plain

目次

 

WEBディレクターを約3年半務めて、大手メーカー企業のWEB担当者に転職した、ブロガーのじょろです。

 

突然ですけど、皆さん、社畜ですか?笑

 

社畜って、Wikipediaにのってるんですよね~、調べてみると以下のような社畜について説明がありました。

 

社畜(しゃちく)とは、主に日本で、社員として勤めている会社に飼い慣らされてしまい自分の意思と良心を放棄し奴隷(家畜)と化した賃金労働者の状態を揶揄したものである。
「会社+家畜」から来た造語かつ俗語で、「会社人間」や「企業戦士」などよりも外部から馬鹿にされる意味合いを持つ。

 

結構ボロクソ書いてますね。。

 

でも、今は笑ってみていますが、私も新卒で入社したシステム会社でWEBディレクターをしていたのですが、社畜でした・・・


始業が7時、終業が23時で、休日出勤もジャンジャン入ってました。
納期前になると徹夜も当たり前のようにありました。

 

どうですか、生粋の社畜でしょう(笑)

 

最初は「仕事頑張ってやる!」って意気揚々に社会人生活にダイブし、目の前の仕事にひたすらガムシャラに働いていました。


2年目の終わり頃から、徐々に体力的にも精神的にも疲れてきて、社畜から解放されたい思いが芽生え始めてきました

社畜じゃない世界ってどんな感じなんだろう・・・」と思い始めたぐらい、末期だったと思います。

 

それだけが理由ではないですが、ステップアップも考えていた時期であり、3年目に会社を退職して転職することを決意しました。

 

この判断が、今までの自分の人生で最もよかった判断だと自負しています

 

今では、定時退社で、当然ながら休日出勤や徹夜もない、自分に合った理想的な職場環境を手に入れることができました。

 

社畜の運命は、自分の努力次第で変えることができます


私は、今では毎日仕事が楽しく過ごしていて、人生も謳歌しています。

私が転職で社畜から解放され、理想的な職場環境を手に入れたお話はこちら↓ 

なりたくて社畜になっているわけではないと思いますが、社畜となってしまう人の特徴は一体何なんでしょうか。


その特徴を知り、社畜から解放される方法についてご紹介します。

 

社畜の特徴

サービス残業が多い

社畜の代表格といっても過言ではないのが、サービス残業です。
私が働くWEG業界もその対象となっています。

 

なんてったって、社畜でしたからね、サービス残業も当たり前ですよ。


きっと、まともに残業代や休日出勤の特別手当を出していたら、会社自体が吹き飛んでいたでしょう。
それぐらい、ほとんどの社員がサービス残業をしていました。

 

サービス残業に耐えられるのは、本当に仕事にやりがいを持っているときに限ります。

 

無給で会社のために働くことになるので、本当に社畜になります。
ある意味、会社にとっては好都合な社員となるわけです。
人件費がその時間帯は0円になりますからね。

 

サービス残業は体力的にも精神的にもつらいので、早く日本から撲滅したいです。。

 

平気で休日出勤する

サービス残業に似ていることがありますが、休日出勤も当たり前にあるのが社畜が多い企業の特徴です。


当然、社畜と呼ばれるぐらいなので、当然ながら休日手当はでません。
出す余裕があれば、もう一人ぐらい社員を雇うはずです。

 

残念ながら、振替休日もとれないです。
いわゆる代休ってやつですが、私は換算すると30日ぐらいは平気でたまっていました。
全部きれいに消化すると夏休みぐらいあります(笑)

 

でも、仕事が多忙すぎて、当然ながら休めません。
休むと納期もそれだけ短くなり、プロジェクト全体を遅らせるリスクがあるため、中々休めないのが現実です。

 

これが社畜の特徴です。

 

依頼された仕事を断れない

社畜となる傾向として、仕事量が多いことがあげられます。

 

仕事量が多い理由として、依頼される仕事が多く、断れないことが原因としてあります。

 

仕事が断れない人は、一つの仕事が終わる前に、どんどん降りかかって、雪だるま方式で仕事がたまっていきます。
仕事が溜まっていくと必然的に、仕事の終わり時間が遅くなり、最悪徹夜や休日出勤となります。

 

ひどい人は、「自分は信頼されている」と思い込んで、自分をどんどん追い込んでしまい、鬱病になることもあります。

 

仕事終わりや休日も仕事のことを考える

社畜の特徴として、休日や仕事終わりも仕事のことを考えてしまい、全然休んできる気にならないことです。

 

本人がそれを臨んで考えているのであれば、ストレスにはならないですが、心配や不安で仕事のことを考える人は、精神的な負担が大きくなります。

 

常に仕事が気になって、遊んでいるときや家族と過ごす時まで考えてしまい、まったく体が休まっていない状態でしんどいですね。

 

私も納期前の時は、仕事ばかりが気になって休んでも休んでいる気にならず、常に気が張っている状態で、精神的にも非常につらい時期でした。

 

完全に体も心も仕事一色で、まさに社畜でしたね・・・

 

転職で職場を変え、人生を好転する

私は社畜だったWEBディレクターから、大手メーカー企業のWEB担当者に転職して、以下の職場環境を手に入れました。

・定時退職できる
サービス残業はない
・休日出勤はない
・仕事の役割が明確でオーバーワークはない

など夢のような職場環境を、転職をして手に入れることができました。

 

しかも、転職しただけで年収50万円アップしたんです!


これって、凄くないですか?

 

社畜として働いていた時よりも、何もせず、転職しただけで年収が50万円がアップするなんて、驚きでした!
と同時に、もっと早くに転職しておけばよかったと、後悔も。。

 

私が転職を成功させ、理想的な職場環境を手に入れた方法のお話はこちら↓

私は転職して人生が大きく変わりました!

 

例えば
・家族と話す時間が増えた
・自分の時間が増えた
・しっかりと睡眠がとれる
・仕事終わりや休日に仕事のことを考えないで済む

他にもありますが、仕事も私生活もどちらも幸せで、毎日が楽しいです。

 

毎日仕事が楽しいと、人生も楽しくて充実して、もう最高です!

 

WEB業界ならレバテックキャリアがオススメ!

もしあなたがWEB業界の転職を考えているのであれば、WEB専門の転職サイト「レバテックキャリア」がオススメです。

 

レバテックキャリアにはエージェントサービスがあって、これが本当優秀なエージェントさんで、転職全般をサポートしてくれます。


WEB業界No1の実績をもつレバテックキャリアのエージェントさんは、その業界に精通していることもあって、私の要望を正確に把握してくれて、非常にスムーズに話が進みました。

 

自分の要望を正確に把握してくれるので、自分の条件に合った転職先候補を提案してくれて、ほとんど的を外れたものはありませんでした

 

これって結構凄くて、転職活動を進めるうえで、とても大事なことなんですよね。

 

自分の要望を理解してもらっていないと、誤った転職先候補ばかり提案されて、見る方も選別する時間が必要で大変です。
転職活動をスムーズに進めるためにも、自分の要望をしっかりと理解してくれる、レバテックキャリアのエージェントさんは非常に有難かったです。

 

レバテックキャリアは登録料が無料で、面倒な登録作業が1分以内で、手軽に始めることができます


求人情報を見るだけでも、非常に参考となる転職サイトですので、オススメです。

レバテックキャリアの公式サイトはこちら↓

f:id:mrluckyboy:20171011220630p:plain

私が転職時に利用したオススメの転職サイトは↓