人生ハイタッチ

人生の楽しさを求め、さまざまな気づきを発信するブログです。

疲れた!しんどい!忙しいWEBの仕事がたった5分で賢く転職する方法!

f:id:mrluckyboy:20171014000929j:plain

目次

 

皆さん、WEBの仕事にエンジョイしてますか?
ブロガーのじょろです。

 

私は今、WEBコンサルタントから転職し、メーカー企業のWEB担当者として楽しく働いています。

 

WEBの仕事ってやりがいがある反面、大変な仕事ですよね。

 

WEB業界の離職率は30%で、会社によっては50%もあるようです
つまり、新卒で入社しても、ほとんどの人は一度退職するような業界です。

 

WEBの仕事はやりがいあるけど、ついつい頑張りすぎて、つらいって感じているあなたにお送りいたします。

 

WEBの仕事がしんどい理由

勤務時間が長い

WEBの仕事が一番しんどい理由として、多忙で勤務時間が長いことが挙げられます。

若い人であれば体がある程度もつかもしれませんが、30代~40代になると無理もできない体になっていきます。

 

特に納品間近のプロジェクトでは徹夜もあるため、これが本当に大変でした。

睡眠がないと集中力が落ち、一気に仕事の質にも低下するため、仕事をする上で徹夜はよくありません。

 

残念ながらWEBの仕事では、当たり前のように徹夜はあります。

しかも、それがサービス残業だったりするので、定時退社してる人とそう変わらない給料なのです。

 

多忙すぎて、泣いてる後輩社員もいたりで、結構異様な空気が漂っていました。。
泣くほど働かされるのは辛いと思います。

 

また、体に余裕がないと、精神的にも追い詰められますので、ストレスフルな状態が続きます。

 

一体この働き方が何年続くんだろうと、不安になりますよね?

 

離職率が高く常に人手不足

多忙の原因にもなっているのですが、WEBの事は本当に人手不足です。

1人あたりのクライアント数は20や30なんて当たり前で、聞いた話によると、楽天で働く人の担当クライアントの数は100と聞きました。

異常ですよね?

それもWEBの仕事の離職率が高いのとリンクしています。

1人あたりのクライアントが多い → 多忙でしんどい → 退職する → 人手不足になる → 多忙の繰り返しで、常に人手不足の状態になっています。

人手不足だと、1人あたりの仕事量が大幅に増えます。

 

クライアントからの無茶な要望が多い

WEBはなんでもできる、しかも低コストで早くできると思われがちです。

 

そのため、クライアントも「当日やってほしい」とか「今すぐ」とありえない無茶な要望を結構出してきます。

 

それにストレスを感じで、辛いと感じる方もいるでしょう。

 

またいつ打ち合わせにいっても、ひたすら怒鳴ってくるクライアントもいて、精神的にも追い詰められることもあります。

 

クライアントは神様ではないですが、お金を払っている立場ということもあり、基本的には強気に出てきます。

 

多忙がWEBの仕事で辛いと感じる一番の理由ですが、それに次いで、実はクライアントの対応もストレスを感じる大きな原因で、しんどいと、疲れたと感じます。

 

納期が短く体力も精神も削れる

WEBの仕事の特徴でもあるのですが、「すぐできる」というイメージがクライアントにはあり、ほとんどの施策や改修は短納期となります。


もちろん、システム改修は中長期となることも多いですが、サイト画面のデザインやコンテンツの改修については、比較的すぐできるものもあるため、どうしても短納期になります。


一つならすぐに対処できるものもありますが、それが何個もあるとなると、結構疲れます。

 

体力だけでなく、ずっと納期に迫られると退社時刻も遅くなって、精神的にも追い詰められていきます。


終わりが見えないゴールが続く感じで、常に不安がまとわりつく感覚になります。

そんな状態だと辛くなりますよね・・・

 

有休が取得できない

これはWEBの仕事に限らず、IT業界含めた業界全体で有給休暇は取得しづらいです。


そ全員が多忙で、ほとんどの人が終電近くまで働いていて、自分だけ休むわけにはいかない状態になっているからです。

 

また、毎日多忙な状態でもあるため、休む暇もなく、土日すら削ってしまうこともざらにあります。
私の元上司は20連勤ぐらいを8時始業の終電帰りをずっと繰り返していました。
年間をとおして、土曜日は1日も休んでいない状態でした。

 

こうなってしまうと体力も精神力も疲れはててしまいます。
仕事のパフォーマンスにも影響が出るので、もっと心に余裕をもった働き方が必要になります。

 

今すぐ辞めたいけど、その一歩が踏み出せない理由

忙しくて転職活動できない

WEBの仕事をしていると、本当に転職活動する時間が中々とりづらくて、「こんな会社辞めてやる!」と思っても中々行動に起こせません。

 

私も転職活動をしようと考えて、自分で求人募集を探しはじめましたが、現職をつづけながらだとスムーズに転職活動が進みませんでした。


中々良い求人募集を見つけることもできず、仕事に追われて、「転職したい!」と思ってから、何カ月も過ぎてしまいました・・・

 

普段の仕事が忙しすぎて、全然転職活動に頭がいかないのが経験上あります。
考えるぐらいなら休みたいと思ってしまうので、少しの休憩も体や頭を休める時間に費やしてしまうのです。

 

仕事終わりに「さぁ、転職活動するぞ!」とはなかなかならない。。

 

転職先が見つかるか不安

私は自分で転職活動をしていると、求人情報はたくさんあるのですが、情報収集が乏しいせいか、中々自分に合った職場が見つかりませんでした。
転職したいけど、自分に合った転職先が見つからず、ただただ時間が過ぎていく。。

 

「自分に合った転職先なんてないのか」と思ってしまうほど、転職活動は一度ブレーキがかかってしまうと進みません。


そんな状況でも現職の仕事は続けないといけないので、精神的にも追い込まれ、どんどん転職活動に不安になります。

 

特に家族がいると、次の転職先が決まらずに今の職場を辞めるのは、家族からも反対されることが多いので、辛いところがあります。

 

上司に相談するのが怖い

意外と仕事が辞められない理由として多いのが、上司に相談できないことだと思います。


「仕事を辞めるっていったら、怒られそう・・・」「怖い」「無視されそう」など上司の怖さが、転職の意欲よりも勝ってしまい、中々仕事を辞めたいといえない。。


私も実際そうでした。

「仕事を辞めたい」と思って上司に相談しようと思いましたが、結構何日か考えて、さらにどう伝えるかを何日か考えて、やっと伝えることができました。


特に体育会系の上司は最悪です。

パワハラに近いものがあって、仕事を辞めるなんてとても言えない空気を放ってきます・・・

 

でも、自分の人生を変えるためには、今言うしかありません


仕事を辞めたいなら、ちゃんと辞めたいと伝えて、一日でも早く、次の一歩を踏み出す。


考えるよりも、結局は行動あるのみなのです

 

疲れた、しんどいとあなただからこそ、転職サイトを活用しよう

現職でWEBの仕事をつづけながら、転職活動をすると中々自分が思ったように求人も見つからないし、スムーズに転職活動が進みません。
私自身もそうでした。

 

ですが、私は自分では理想の職場環境を手に入れることができないとわかったので、転職サイトを利用しはじめ、今では見事に自分の理想的な職場環境を手に入れました


しかも、仕事が楽しいだけではなく、馬車馬のように働いていた前の職場に比べて、年収が50万円もアップしました!

これって凄くないですか?転職先でまだ何もしていないのに、年収が上がるなんて驚きでした!


これも転職サイトを登録して、転職活動に本気で向き合えたからこそだと思っています。


仕事が忙しく転職活動がなかなかできない方にオススメなのが、転職サイトのエージェントサービスです。
私が実際に利用した転職サイトは「レバテックキャリア」です。

 

レバテックキャリアはWEB専門の転職サイトで、業界ではトップクラスの求人募集が掲載されています。
そこも魅力的ですが、一番良かったのは先ほどご紹介したエージェントサービスです。

 

エージェントサービスは私の代わりに私の理想的な職場環境の候補を見つけてくれるサービスで、企業側への面談等の調整や、履歴書・職務経歴書の添削、面談のアドバイスなど転職活動すべてをサポートしてくれます。


WEB専門の転職サイトだけあって、エージェントさんも私の言いたいこと、知りたいことを理解してくれて、やりとりもスムーズに進みます。


さらに、有休取得の実態、待遇、給与、社内の職場環境など社内事情も自分に代わって、企業側にヒアリングしてくれるので、自分は何もせずに転職活動がトントン拍子に進んでいきます。

 

しかも、転職サイトでは一般に公開されていないクローズされた非公開求人もあり、大体の非公開求人は良い条件の求人募集が多いため、自分の理想的な職場環境が見つけやすくなります。

 

それもこれも全部エージェントさんが段取りをしてくれるので、自分は意思決定や面談を臨むだけで、転職活動ができるわけです。

 

忙しくて転職活動が全然捗らない方は、知らなきゃ損です!

 

私は本当に転職サイトを利用して良かったと、今でも思っています。
あの時利用していなかったら、きっとまだだらだらと「辞めたい」と思いながらも、転職活動を続けていたと思います。

 

もし、WEBの仕事で転職されるなら、私のオススメは「レバテックキャリア」です。
私が実際に利用して転職できて、仕事を楽しくできているのもこの転職サイトに出会えたおかげなので、皆さんにも安心してご紹介できます。

 

f:id:mrluckyboy:20171011220630p:plain

WEBの仕事以外に転職することも一つの選択

WEBの仕事自体が嫌で、やめたくて、違う業界の仕事を選ぶのもありだと思います。

 

WEBの仕事だけがすべてではないので、自分の可能性も考えて、若いうちから色々な業界を経験をすることはプラスだとも思います。

 

ビジネスマンの価値は「スキルの掛け算」です。
「WEBのスキル×商品開発×デザイン技術×営業×経理」といった様々なスキルをもっていると、他に代わりとなる人がいなくて、ビジネスマンとしての価値はぐっと上がります

きっと他の業界を経験することで、あなたの価値もより上がるはずです。

 

他の業界に転職するのであれば、「マイナビエージェント」がオススメです。
マイナビエージェントは先ほどのレバテックキャリアと同様に、エージェントサービスが受けられます


レバテックキャリアと違って、業界が幅広く、またその求人募集件数が多いため、きっと自分に合った理想的な職場環境を見つけられます。
マイナビは転職サイトとしても大手企業であり、安心して利用することできます。


マイナビエージェントの登録は無料で、エージェントサービスを受けるのももちろん無料ですので、気軽に登録をすることができます。
登録にかかる時間も大体1分以内です。

 

f:id:mrluckyboy:20171011221035p:plain