人生ハイタッチ

人生の楽しさを求め、さまざまな気づきを発信するブログです。

【必見】WEBの仕事を辞めたいあなたが知らなきゃ損する3つのこと

f:id:mrluckyboy:20171009135039j:plain

目次

 

皆さん、WEBの仕事をエンジョイしてますか?
ブロガーのじょろです。

 

皆さんは、WEBの仕事を辞めたいって思ったことはありますか?

私は何度もあります。


新卒で入社した会社で約3年半ほどWEBコンサルタントとしてWEBの仕事をしていましたが、人間関係や仕事の忙しさなど、さまざまな理由からWEBの仕事を辞めたい・・・と思っていました。

 

そんなWEBコンサルティングを続けていた私が、今では毎日18時には退社、土・日・祝は休みと、自分がやりやすい環境で、楽しいWEBの仕事ができています
私が転職して成功した話はこちらから↓

WEBの転職サイト「レバテックキャリア」

 

私は自分の仕事環境をよくすることは、人生を最も楽しく豊かに過ごすために、とても大切なことだと気づきました。

 

恐らくこの記事を見ている方は、WEBの仕事を辞めてしまいたいと思っているのではないかと思います。

でも、いくらWEBの仕事が辛くても、生活をしていくためには仕事をするしか他ありません。

なので、せめてWEBの仕事を辞める前に、知っておかなきゃ損をすることがあります。

それを今回の記事でご紹介できればと思います。

この記事があなたの人生の転換点となるきっかけになれば、幸いです。

 

WEBの仕事の離職率は30%、辞めたい理由

WEBの仕事の離職率は30%ぐらいだそうです。
これを聞くと自分以外も仕事を辞めたいと思っている人が、結構いるんだなと気持ち的にすっとなりますよね?

そうなんです。WEBの仕事って結構辞める人多いんです。

では、なぜこんなにもWEBの仕事を辞める人が多いのか?
その主な理由をご紹介します。

 

人手不足で業務が多忙

WEBの仕事を辞める理由で、圧倒的に多いのが「多忙」です。

多忙でも、きちんと就業時間内に終われば良い
ですが、大抵8時間業務では終わらず、終電となることが多いです。

WEBの仕事を辞めたいと思う主な理由は、以下となります。

 

・休日出勤が多い
サービス残業が多い
・人手不足で一人当たりの負荷が高い
・有休が取得できない
・体調を崩しても休めない
・徹夜も多い

 

どこのWEB会社も皆さん、同じ悩みを持っているようです。

私自身も、新卒で入った会社を最初に辞めたいと思ったのも、忙しすぎて精神的にも疲れた部分があったからです。

 

20代は仕事内容がきつくても、体力面で補えることができましたが、ずっとその働き方を続けるのはつらいだろうと思います。

 

クライアントの無茶な要望

クライアントの中には「今すぐやれ」、「もっと値切るように上司とかけあえ」、「今すぐこっちに来い」など無茶苦茶なことをいってくる場合があります。


それが大口客ならば、従うしか他ならない時もあり、一番つらい思いをします。

特に新入社員や若手社員がそのクライアントにあたると非常につらいです。
そうなると、辞めたい気持ちになりますよね・・・

 

社内の人間関係

上司、先輩社員、同期など社内でさまざまな立場の人たちと関わります。


上司から毎日のように怒鳴られる、先輩社員は何も教えてくれないなど、悪質な環境に身を置いている場合、自分の成長を阻害されてしまうため、つらいです。


同期も忙しくて、この話をしたくてもできないなど、吐き出す先がなく精神的に追い詰められる状態になります。

 

私も実際に後輩社員が、ひたすら怒られていて、それも度を越えた怒り方で、見るに堪えられないことがありました。
結果、別部署に異動することになりましたが、毎日顔を合わせるだけで、嫌な人がいるなんて、それはもう辞めたくなる気持ちはすごくわかります。

 

上司や先輩社員も成績をあげるのであれば、後輩社員の育成にもっと力を入れるべきです。
力の入れ方も無茶苦茶なことをするのではなく、その後輩社員に合わせた育成方法を考えて行動すべきです。

 

責任の重さに耐えられない

WEBの仕事は納期が短納期で非常にスピーディな仕事になります。
一つ終わったら、また一つとエンドレスに仕事が回り続け、さらに案件数も増えていきますので、1人の負担がかなり大きいです。


毎日納期に追われ、遅れるとクライアントの損失につながるプレッシャーと戦い続けなければなりません。

クライアントが理解ある方であれば、問題ないですが、WEBのことに無知ですと、かなり無茶なことを要望してきます。
ですが、それに応える必要があるため、どんどん負のスパイラルになっていくわけです。

毎日それが起こるため、寝る前も仕事のことが頭に浮かんで、寝付けないという話もよく聞きます。

 

心身ともにボロボロになるまで、働く必要はありません。
自分のペースというものがありますので、それに合った職場環境を見つけるのが大切です。

 

WEBの仕事を辞めるあなたがやるべきこと

「絶対仕事を辞めてやる!」と勢いのまま、会社を退職して、「次の働く場所を見つけなきゃ」と急いで何も考えず転職。
これでは今までと何も変わらず、自分に合わない職場環境になり、同じ失敗を繰り返します

 

では、一体どのようにすれば、自分に合った理想的な職場環境を手にいれることができるのでしょうか?

 

辞めたいと思う理由は何か

あなたはどうして、WEBの仕事を辞めたいと思っているのでしょうか?

・忙しい
・クライアントとの関係
・社内の人間関係
・責任の重さ
・WEBの仕事自体が辛い

 

これらのどれかに当てはまるのではないでしょうか。

より詳しく辞めたいと思う理由を書き出してみると、

・クライアントの数が多すぎる
・クライアントの要望が無茶苦茶すぎる
・責任が重すぎて自分に合っていない
・自社のサイトを運用したい

 

一度自分がなぜ辞めたいのかを冷静に考えてみましょう
これは転職する際にも、必要な情報にもなりますので、まずは辞めたい理由が何かを明確にする必要があります。

 

その理由を周りの社員に相談して、解決できないか相談してみる
辞めたい理由を書き出したら、次にそれを今の会社で改善できないかを考えてみます

内容によっては、今の会社で解決できることもあります。

例えば


・クライアントの数が多すぎる
・クライアントの要望が無茶苦茶すぎる

 

といったクライアントに関わることであれば、上司にかけあって、クライアントの数を減らしてもらったり、担当を変えてもらうなど改善できます。

 

・責任が重すぎて自分に合っていない

 

という理由も、もしかするとクライアントの数が多く、手が回っていない状態だから起きている問題かもしれません。

クライアントの数を減らしてももらうだけで、体力的な問題だけでなく、精神的な問題も解消できるはずです。

ただ、自分への評価を下げる行為でもあるので、中々それが言い出せないこともあると思います。

 

辞めるという選択ではなく、パートや派遣など正社員以外での継続雇用を上司や人事総務にかけあうのも一つの方法です。
その時は必ず、自分の仕事内容、給料、待遇はチェックした上で、考えましょう。

 

WEBの経験を活かした仕事を見つける

前述で例であげたように、今の職場で自分の辞めたい理由が解消できない場合は、転職を考えましょう。

 

WEBの仕事はまだ続けたくて、会社を変えたいと思っているのであれば、まずは転職サイトに登録します

 

転職サイトでは、他のWEBの会社の給料、待遇、就業などさまざまな情報が掲載されていますので、今の会社と比べてどうかといった比較ができます。

 

折角、腹をきめて転職するのですから、今よりも自分に合った職場環境で働きたいですよね。

 

次こそは失敗しないためにも、転職サイトでしっかりと転職先の候補となる企業の情報を色々と集めて、比較しましょう。

 

私のオススメのWEBの専門の転職サイトはこちらです↓

WEBの転職サイト「レバテックキャリア」

 

WEB・IT専門の転職サイトに登録してみよう!

・転職サイトって何か信用できない
・自分に合った職場が見つかるか不安
・電話がいっぱいかかってきそう

って転職サイトをネガティブに考えているあなた、損しています

私が実際に転職サイトを利用してすごくよかったのはレバテックキャリアです。

 

転職サイトはきちんと利用すれば、メリットはたくさんあります。

 

・非公開の求人募集が多く、条件が良いところが見つかりやすい。
・転職のプロであるコンサルタントに転職のイロハを教えてもらえる
・自分でネットで色々調べるよりも、断然早くて楽々
・情報の質が圧倒的に違う
・企業側も信頼しているため、向こうから見ても安心して受け入れられる
・忙しくてもスマホ一つで手続きできる

 

転職サイトにはメリットしかなくないですか?

 

1人で全部やっていると、何が良いのかどんどんわからなくなり、結局、「何でもいいや!」って適当に決めてしまい、結果、同じ過ちをおかしてしまいます。

 

私も初めて転職サイトを利用するときは、正直「大丈夫かこれ?」と転職サイトを疑うこともありましたが、勝手な自分の思い込みだとすぐ気づきました。
利用してみると、圧倒的に良い条件で転職できるところも見つけられて、満足のいく転職ができました。

 

実際に体験したからこそ、これから自分に合った職場環境に転職したいという人にも安心して紹介できるのが、レバテックキャリアなんです。

 

登録もすぐ簡単にでくるので、是非、今よりもずっと良い環境に出会って、人生をより楽しみたいあなたは是非登録してみてください。