人生ハイタッチ

人生の楽しさを求め、さまざまな気づきを発信するブログです。

新卒1ヶ月でも転職が100%成功する必勝法!

f:id:mrluckyboy:20171008081230j:plain

目次

 

皆さん、WEBの仕事をエンジョイしてますか?
ブロガーのじょろです。

 

今回は新卒でまだ入社1ヶ月ぐらいしか経っていないけど、転職を考えている人向けに記事を作成してみました。

 

テーマは「新卒1ヶ月でも転職が100%成功する必勝法!」です。

 

100%!?なんか逆に信用できない数字に見えますが、これは今まで前職の後輩社員達に、私が転職のアドバイスをして、実際に全員が転職を成功させて数字になります。

人数はまだ少ないですが、転職の成功率100%に変わりはないです。

 

じょろメソッドとでも呼びましょうか(笑)
今回はその成功方法について、ご紹介します。

 

新卒1ヶ月で仕事を辞めたい理由は何か

まずは仕事を辞めたい理由を整理しましょう。

ここで整理する退職理由とは「転職先で伝える退職理由」となります。

 

本当に辞めたい時の理由を、転職先に伝えるとうまくいきません。

恐らく以下のものでしょう。

 

・人間関係がうまくいかなかった
・仕事がいそがしい
・仕事についていけない
・クビになった
・会社員がアホらしくなった

 

などなど、退職理由のほとんどがネガティブなものばかりだと思います。

ただ、ネガティブな退職理由でも、一つだけ使える退職理由があります。

 

それは、人間関係です。

 

それ以外に関しては、どの会社の面接を受けても、その退職理由を伝えるとおそらく不採用となるでしょう。

 

ただ、人間関係については社歴にかかわらず、起こる問題で、またなかなか解消できないことは会社側も理解しています。

 

人間関係以外にも以下の理由は、転職先にはネガティブにはとられません。

 

・自分のやりたいことを見つけて退職した
・家庭の事情で退職した
・異動に納得がいかず退職した

 

転職時にはこれらの退職理由を活用した方が、転職を有利に進めることができます。

もちろん、これらがすべてではありません。

要はなるべく相手にとって、ポジティブもしくはネガティブに捉えられない退職理由であれば問題ありません。

 

一番ダメなのは「なんとなく」です。

 

転職をするにあたって、まずは自分の退職理由をしっかりと明確にしてみましょう。

 

新卒1ヶ月でもWEBの仕事では転職できる

実はWEBの仕事は、もちろん会社にもよるところはありますが、比較的新卒1ヶ月で仕事を辞めた人でも入社しやすい仕事ではあります。

 

理由は単純で、人手不足だからです。


WEBの仕事では、3年以内の離職率は今でも30%ぐらいで、他の業種と比べると高いです。

なので、人の出入りが激しく、常に人手不足の状態となっています。

 

新卒1ヶ月で実績はなくても、例えば論理的思考がしっかりしていたり、WEBの仕事に対して熱意がすごくあったりとその人の姿勢や考え方次第で、転職はできます

 

そこには文系も理系も関係なく、新卒で1ヶ月で退職したとしても、面談でしっかりとやりとりができれば、転職先の企業からは比較的採用されやすいです。

 

WEBの仕事は体力や精神的な強さ、あとは熱意が必要になります。

それさえあれば、十分に採用されますので、自信を持ってください。

 

面談ではポジティブな回答が成功の秘訣

前述で、新卒1ヶ月で退職しても、WEBの仕事では、姿勢や考え方で採用してもらえることをお話ししました。

 

当たり前ですが、面談で相手にその想いが伝わらなければ意味がありません

相手に少しでも「うちの会社とは合いそうにないな〜」と思われた時点でアウトです。

 

採用面接官にそう思われないためにも、質問に対してはポジティブな回答が大切です。

ついついネガティブな話題で盛り上がって、前職を批判するような人がいますが、論外です。

それは採用されてからのネタとして使いましょう。


面談では前職を批判するようなネガティブな話題はNGです。


当たり前ではあるのですが、実際に私が転職先の採用担当者に聞いた時、数名はそのネタを話し出す人がいるようです。

採用から一気に遠のくので避けましょう。

 

退職理由、志望理由、転職先でのステップアップについては最低でも情報として持っておきましょう。

志望理由と転職先のステップアップについては、その場ですぐ答えられるものではありませんので、転職先の企業情報などしっかりと事前に情報を整理しておきましょう。

 

エージェントを利用して、アドバイスをもらう

自分一人では転職活動は不安だという方におすすめなのがエージェントです。

代表的なエージェントでいいますと、リクルートエージェントがあります。

 

登録は非常に簡単で1分以内ぐらいで終わります。
登録後は、エージェントの担当者からメールがきて、転職するまでのスケジュール等を教えてくれます。

 

私も実際に転職する際は、リクルートエージェントを利用しました。


仕事が忙しく、転職活動に時間が取れないときは、非常に便利です。
エージェントが企業側とのやりとりや面接日程の調整など、基本的な転職活動を全部引き受けてくれますので、負担が大幅に軽減されます。

 

転職には、履歴書と職歴書が必要なのですが、これらのチェックもエージェントは行ってくれて、アドバイスもくれます。

 

エージェントはクライアントを転職させるプロフェッショナルです。
彼らもそれによって給料が発生するので、必死に転職を成功させるための努力をしてくれます。

 

大体1~2ヶ月ぐらいで転職できるようにスケジュールを組んでくれますので、それに則ったかたちで転職を進めていくことになります。

 

エージェントに転職先の希望条件を伝えておくと、それにあった企業を毎日のようにメールで紹介してくれますので、自分に合った企業を選択していきます。
リクルートエージェント場合は、それらを管理するマイページがありますので、実際にはそこにチェックをして転職希望をするかたちになります。

 

エージェントを活用しないと、これらをすべて自分一人で行わなければなりません。


今の仕事を続けながら転職をしたい方は、エージェントがオススメです。

また、自分一人で転職活動は不安だと思っている方にも、エージェントのサービスを利用されることをオススメします。

 

新卒1ヶ月だからこそ、人生を大きく変えることができる

新卒1ヶ月だからこその強みは、身軽さです。
新しいことにどんどんチャレンジできる歳で、まだまだ元気があります。

 

これが30歳にもなると一気に求人が減るため、転職するなら20代がベストになります。

 

新卒1ヶ月で退職することは何も悪いわけではありません。

人生の大半をほとんどの人は仕事に費やすため、自分が嫌だと思った仕事は転職すべきだと私は考えます。

 

転職は人生を大きく変えることができます

 

もちろん、誰もが転職を成功するわけではありません。
転職に失敗する人もいますが、準備をしっかりとすることで、その成功率はぐっと高めることはできます。

 

転職において、準備はとても大切です


「何とかなるだろう」と甘く考えていると、転職で失敗する可能性は高くなります。

転職後も「思っていたのと違う」といったギャップがないように、しっかりとまずその企業を知りましょう。


もし、リクルートエージェントのようにエージェントを活用していると、自分では聞けない情報もエージェント代わりに企業に質問してくれますので、エージェントをうまく活用されることをオススメします


例えば、給料、休暇、離職率など企業側に聞きづらい質問も、エージェントなら気軽に聞けます
なるべく転職後のミスマッチを防ぐために、こういっとサービスを活用することはオススメです。

 

転職は自分の人生を変える活動ですので、しっかりと準備をして、自分の人生をより充実なものとしましょう!